気まぐれfootballer

サッカーを観る事に趣を置いて、Jリーグやなでしこリーグの試合の感想や情報をブログにし、更新していきたいと思います。

ユニバーシアード サッカー

ユニバーシアードの大会がイタリアで開催されており、先日、女子サッカーと男子サッカーの決勝が終わりました⚽️

 

共に決勝進出を果たした日本代表でしたが、決勝では結果だけ見ると明暗が分かれた形となりました!!

 

まず、女子サッカーの方ですが

決勝の相手は北朝鮮🇰🇵言わずともアジアのなかで女子サッカーの強豪ですね!! 

北朝鮮は技術とスピードで上回り、先制。日本も後半は修正をし、一時は同点になりましたが、試合終盤にボールロストから失点し、結果1-2で敗戦し、準優勝となりました🥈

 

 

一方、男子は決勝でブラジルと対戦🇧🇷

コパアメリカにも出場した上田綺世 選手のハットトリックなどで4-1で勝利し、優勝しました🥇

 

 

 

女子の方はトップのなでしこジャパンにも言える事ですが、選手として、アスリートとしての能力が世界と比べるとどうしても劣っているイメージがあります。

これは1つの持論ですが、女子サッカーをしている子供たちが中学生に上がる段階で受け皿となるチームが少なく、その年代以降で容易に対外試合が組めない事、またセレクションなどでもどうしてもボール捌きの上手い子どもたちが優先されがちである事が要因に挙げられると考えています…

 

まぁ、あとはスマホの普及やダンスを中心とした他の競技人口の増加などが挙げられると思います。

 

 

男子の方はもちろん優勝というのは素晴らしい結果です!! ただ、世界でみると大学に所属していない同年代の選手ではコパアメリカアフリカネーションズカップなどのトップチームに参加している選手も居るので、そういった選手を意識して更に上を目指して欲しいですね✨

 

けど、若者がこれだけの成果を挙げているのだから日本サッカー界も少しは希望の光が見えますね🇯🇵

 

f:id:oryosuke:20190714105040j:image

 

f:id:oryosuke:20190714105054j:image

 

写真はスクショで使わせていただきました🙇‍♂️

ありがとうございます!!

ワールドカップ閉幕🇫🇷 女子サッカーの各国の強化に思うこと

日本時間で今朝、
FIFA女子ワールドカップ フランス大会が閉幕しました🇫🇷

ファイナルでアメリカ🇺🇸がオランダ🇳🇱に勝利して大会2連覇を達成し、3位にスウェーデン🇸🇪、4位にイングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿という結果になりました🌸


直近の3大会でアメリカ🇺🇸が
準優勝→優勝→優勝となり、アメリカの強さが改めて証明された大会となりましたね🗽


なでしこジャパン🇯🇵に勝利したオランダ🇳🇱もアメリカ対策をして試合に臨んでおり、惜しい場面もありましたが、試合を通してみるとチームとして積み重ねてきた経験値に差があったように思います!!




大会全体を通しては
アジア勢やアフリカ勢は成績が低迷した一方で、ヨーロッパ各国の躍進が目立ちました⚽️ これは男子のサッカーにも言える事ですが!

体格で優位に立つことの多いヨーロッパ各国がパスサッカーを取り入れて、組織的なサッカーにチャレンジするとともに、ヨーロッパ各国の男子サッカーのメガクラブが女子サッカーの強化にも乗り出したことで、練習や試合の環境が変わりつつあるのも影響があると思います!

スペインではバルセロナアトレティコ・マドリード女子サッカーチームの試合で6万人を超える観客数を記録したり、新たな女子サッカーのリーグの構想があったり、レアル・マドリードも女子のチームを検討していたりと女子サッカーを取り巻く環境は大きく変わり始めています🇪🇸




アジアでも
つい先程、中国のアリババが中国女子サッカー代表チームに巨額の投資を行うという記事も見ました🇨🇳




日本も、なでしこジャパンも今回のワールドカップめ技術面・組織なサッカーに関しては十二分に通用するのは証明出来ているので、
世界各国の女子サッカーの強化の波に遅れる事なく、
来年の東京オリンピック、そして2023年の女子サッカーのワールドカップ招致と好材料は揃っているので集客面、そして資金面での強化を図って欲しいですね🌸

最高の試合をありがとう🌸

FIFA女子ワールドカップ フランス大会
決勝トーナメント1回戦 vs オランダ】

日本時間で今日の午前4時に なでしこジャパン vs オランダの試合が行われました🇯🇵🇳🇱FIFAランキング8位で、2017年欧州選手権のチャンピオンであるオランダとの試合は様々な媒体でもニュースになっている通り、
試合終了間際にオランダに与えてしまったPKにより1-2で負けてしまい、なでしこジャパンの今大会での試合は終わりました…


この試合を見ても なでしこジャパンがワールドカップを優勝して以降、各国の女子サッカーのレベルが急激に上がったのを改めて、感じましたね⚽️


なでしこジャパンも負けはしましたが、
この試合では流れの中からの失点はなく、コーナーキックペナルティーキックからの失点でした(もちろん流れの中で危ない場面はありましたが…)。

どうしても欧州の各国と比べると体格差が出て、不利な面もありますが、この試合でも粘り強い守備は健在で、
更に言えばパス回しでも時折、ワンタッチでのダイレクトプレーでリズムを変える事も出来ていて、オランダと比べて攻撃も多彩でしたし、後半はオランダがボールを「持たされた」ような時間帯もあり、グループリーグでの試合とは全くと言っていいほど出来が違いましたね🌸


この出来をスタンダードに、特に後半のよう出来れば、来年の東京オリンピックでも十分に戦えると思うし、スターティングイレブンが全体的にも若い今のなでしこジャパンなら出来るはずです‼️



そのプラスαの候補となるプレーは

前半42分の同点となるMF長谷川唯 選手のゴールのように、5人くらいがボールに絡んだプレーや

同じく前半ですが、31分のGK山下杏也加 選手のダイレクトパスから左サイドのDF鮫島彩 選手が少ない手数で最前線のFW菅澤優衣香 選手へのスルーパスが出たように、逆に手数も人数も掛けないプレー、

あとはボランチがどうしてもこの試合では狙われていたのですが、ボランチが簡単にワンタッチで捌いたボールを最前線のFW菅澤優衣香 選手や相手DFラインとMFラインのギャップに入り込んだFW岩渕真奈 選手に楔のパスを入れるプレー、

後半14分のMF中島依美 選手のミドルシュート

他にもスコットランド戦のようにFW遠藤純 選手のようなサイドでの1対1での仕掛けなど

引き出しは多くあるように思えました!!



ただ、もちろん課題もあり、今大会では選手交代がほぼ決まっており、レギュラー陣とサブ組の差があるのかは分かりませんが代表でも激しいレギュラー争いが必要だと思うし、途中交代から出てくる絶対的なジョーカーが必要だと感じました!!

そのジョーカーの可能性を感じさせたのはオランダ戦で途中出場したFW籾木結花 選手ですけどね🌸




また、岩渕真奈 選手、長谷川唯 選手、籾木結花 選手らのケガがなく、本調子だと更に面白い事になりそうだとも思いましたね!!





最後になりますが、なでしこジャパン
選手、スタッフの方々はお疲れ様でした!!
今日の様な試合だと本当にワクワクしましたし、可能性を感じました!! 結果としては残念な結果に終わってはしまいましたが、必ず次に繋がる内容だったと思います!!

東京オリンピックでは日本女子サッカー界では初の金メダルを目指して頑張って下さい!!
微力ながら応援をさせていただきたいと思います!

GL最終節🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿

フランスで行われている女子ワールドカップ2019🇫🇷

 

グループによっては最終節も終わっているところもありますが、日本代表・なでしこジャパンはここまでの試合を

 

🇦🇷アルゼンチン戦  0-0 引き分け

🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿スコットランド戦2-1 勝利

 

1勝1分で勝点が4!

最終節のイングランド戦が始まる前はグループリーグでは2位という結果でした🌸

(他のグループの結果により、なでしこジャパンのグループリーグ突破はすでに決まっています🌸)

 

 

 

その日本が入っているグループDの最終節が日本時間の今朝、終わりました🌸

日本の相手はフットボールの母国・イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿FIFAランキングでもなでしこジャパンの7位に対してイングランドは3位と今大会では初の格上を相手にしての試合でした🥉

 

 

結果はすでにご存知の方もいると思いますが、0-2という事で敗戦となりました。それからもう一方の試合はスコットランドvs アルゼンチンですが、こちらも結果だけではありますが、3-3で試合が終わっています。

 

それに伴い、なでしこジャパンはグループで「2位」でのグループリーグ突破となりました。

 

 

結果はもちろん大事ですが、今はさておき、なでしこジャパンにとっては今大会初の格上との試合でチームにとっては何が通用して、何が足りないとかがかなり明確になったのではないでしょうか!

 

 

 

 

決勝トーナメントの初戦の相手に関してはカナダまたはオランダのどちらかですが、その試合までまだ時間はあります。選手、スタッフの方々には今は疲れを癒しつつ、映像などで相手の分析、それから自分たちの反省をして、しっかりと準備をした状態で決勝トーナメントの初戦を迎えて欲しいですね⚽️

 

🎉グループリーグ突破🌸

フランスで行われている女子ワールドカップ2019ですが、各グループでの第2節までの試合が全て終わり、その結果から日本代表・なでしこジャパンは第3節のイングランド戦を待たずして、グループリーグ突破が決まりました!🎉

 

各グループの結果にも影響されるため、まだ対戦相手の方は未定ですし、現在はグループDの2位につけているなでしこジャパンは最終節のイングランド戦に勝てば首位通過も可能です!!

 

 

 

第2節のスコットランド戦でチームとして複数ゴールを決めたのは良い流れ出し、今大会で初先発となったFW岩渕真奈 選手とMF遠藤純 選手は動きも良く、また大柄な選手が多い欧州の各国に対してなでしこジャパンの選手が機敏に動き回り、連動して前線でパスを繋ぐスタイルは通用すると思うのでイングランド戦に勝利して気持ちよく決勝トーナメントを迎えたいですね!!

 

けど、パスを繋ぐだけではゴールを奪えないのでシュートも積極的に打って欲しいですね!!

 

 

 

それとスコットランド戦では終盤にミスをしてしまい、失点の起点になってしまった市瀬奈々 選手には今大会でのこれから先の試合には期待したいですね🌸

 

失点の起点になってしまったのはいただけないですが、このミスをこれから先の市瀬 選手のサッカー人生にむけての教育費だと思えば安いものだと思います!! それは最終的にはなでしこジャパンにも還元されるわけですし✨

 

逆にグループリーグでミスを経験して良かったと思わせるくらいのパフォーマンスを見せて欲しいですね!!!

試合を変えたワンプレー スコットランド戦

前半は試合開始から積極的な入りをし、早い時間帯で先制点ゴール! その後、追加点もあり、パス回しでもスコットランドハーフウェイラインを越えてからで無いとプレッシャーをかけてこない余裕のある状態でパスを回せて、なでしこジャパンのペースで試合を運べました!!

 

が、後半はロングボールの多様し、前線からプレッシャーをかけてくるようになったスコットランドの出足の後手に回り、苦しい展開を強いられたなでしこジャパン!!

 

攻められた後半ですが、その流れを作ったのはスコットランドのGKがビックセーブで3点目を許さず、チームを勇気付けたのが大きかったと個人的には考えてます!

特に後半10分を過ぎた辺りでなでしこジャパンのMF中島依美 選手の右サイドからカットインで中に入り、左足でのシュートが絶妙なコースに飛んだのに対して、スコットランド代表のGKが片手でビッグセーブをしたプレーが大きかったように思います。

 

f:id:oryosuke:20190615120417j:image
f:id:oryosuke:20190615120420j:image
f:id:oryosuke:20190615120415j:image
f:id:oryosuke:20190615120423j:image

 

このプレー1つで、スコットランド代表は希望が見えたと思うし、GK自身も自信を持てたと思います。逆に中島依美 選手のシュートが決まっていればもっと楽になでしこジャパンが勝てていた試合だと思いました!!

 

かろうじて勝てたなでしこジャパンですが、流れの怖さを確認できて良かったと思います。特にこういった短期決戦では勝負の流れは大切だと感じたでしょう!

 

 

こういった苦しい後半でしたが、流れを引き戻そうとするプレーもあったようには思います!

それが鮫島彩 選手の左サイドで見せるオーバーラップです。自チームがボールを持ってる時は走る距離は必然的に短くなるので、前半は積極的に仕掛けていましたが、後半は押し込まれる展開がある中でのオーバーラップはリスクもあるので、避けたいですが、

鮫島 選手は疲れが出る試合後半にも関わらず、自分の前にスペースがある時には積極的に走り、パスを引き出そうとしていました。

 

なかなか上手くは決まりませんでしたが、決まれば会場の雰囲気を変えて、試合の流れも変えれるプレーになっていたと思いました!

ワールドカップに優勝した時のメンバーであり、チーム内でもベテランの領域にいる鮫島 選手だけに試合の流れを読んだプレーで凄く効果的なプレーなので、今後もこういった流れを変えれるプレーを魅せて欲しいですね🌸

 

 

なでしこ 2戦目を終えて

グループリーグ初戦のアルゼンチン戦では

自陣に引き、守備ブロックを敷く相手を崩さずにスコアレスドローでの発進となったなでしこジャパン🌸

 

初戦ではスペースが無い為か全体的に足元へのパスが多く、それに伴いダイナミックな動きも少なく、またミドルシュートで相手を引き出すなどの工夫もあまり見られずで良い所は無失点で試合終了を迎えた事くらいしかありませんでしたが、

2戦目のスコットランド戦では前半からチームの士気が高く、FW岩渕真奈 選手の先制ゴールはチームを勇気づけましたね✨

 

f:id:oryosuke:20190615000648j:image

 

それから2戦連続でのスタメンとなったFW菅澤優衣香 選手にもPKでゴールが生まれたのも大きいですし、左MFで初先発となった遠藤純 選手もレフティーで独特な間合いからのドリブルの仕掛けでチャンスを作り、相手の股を抜くパスで岩渕 選手のゴールをアシストする等、堂々としたプレーを魅せてくれました✨

 

守備では前半は特に大きなピンチもなく、順調な試合運びでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

後半はヒヤヒヤしながら見てました…

 

 

スコットランドが前線からなでしこジャパンのDFラインにプレッシャーをかけて、パスミスを誘発させるなどの修正を加えてきました。

また、スコットランドはロングボールを放り込み、セカンドボールの回収率も挙げて来た事で攻撃の回数を増やしてきました!粘り強い守備で耐えていたものの試合終了間際に自陣でのパスミスからスコットランドに失点を許す展開になりましたが、失点はこの1点に抑えれた事で2-1での勝利という結果に終わりました!!

 

 

サッカーの怖さと次戦以降に向けての課題を再確認させられた一戦でもありましたね!! 

 

次はグループリーグ最終節となるイングランド戦🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 強いのは分かっているけど、決勝トーナメントに進むとこのレベルの強豪とは必然的に当たるのだから、ぜひとも倒してグループリーグ突破を決めて貰いたいですね🌸🌸🌸

 

また、明日以降もスコットランドを振り返れたらと思います⚽️